YouTube動画パラメータ25個-埋め込みタグ-自動再生-relなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パラメータ_003

こんにちは、鈴木です!

皆さんも、ご自分のホームページ(以下、HP)やブログに、YouTube動画を埋め込むことがあると思います。

その動画を、自分なりにカスタマイズし、YouTube動画を操ることによって、あなたのHPやブログにオリジナリティを出し、ご自分のHPやブログに合ったYouTube動画の埋め込みができるとうれしいですよね。

例えば、以下のことができたら、その方法を知りたくありませんか?

  • HPやブログを表示したら動画を自動再生させたり
  • 再生後に表示される関連動画を表示しないようにしたり
  • YouTubeロゴを表示させないようにしたり

 

実は、YouTube動画のURLにパラメータをつけることで簡単にできます

そこで、今回は、YouTube動画のURLにパラメータをつけることで、YouTube動画を自分なりにカスタマイズする方法をお伝えします。

まず、動画をご覧ください。

 

パラメータの説明(動画バージョン)

続いて、画像と文字でお伝えします。

 

パラメータの説明(文章バージョン)

HPやブログにYouTube動画を埋め込む時に、少しかっこよくカスタマイズできる方法をお伝えします。

まずは、以下の「画像A」と「画像B」の2種類の埋め込まれた画像をご覧ください。

パラメータ_001

 

いかがでしょうか?

画像A、B共に同じ動画なんですが、画像Bのように埋め込まれた動画の方が、YouTubeというのが分かりずらくなっていて、シンプルなただの再生ボタンだけという形になっています。

だからこそ、ビデオが埋め込まれているような状況を見せることができます。

このやり方ですが、動画を埋め込むときにパラメータを付け加えるだけで、簡単にできます。

このパラメータを以下にまとめておきますので、画像Bのような画面をつくる時など、パラメータをつけてみてください。

 

パラメータの付け方

埋め込む際に動画URLの後ろに「?」を付けて下記コードを追加してください。

さらに、パラメータを複数追加する時は、「&」を付けて追加してください。

[例]

パラメータ_004

 

以下に、使用頻度が高いパラメータをのせておくので、ご覧ください。

1、関連動画を表示させない rel=0

2、自動的に動画を再生させたい autoplay=1

3、YouTubeのロゴを表示しない modestbranding=1

4、タイトルバーを表示しない showinfo=0

5、コントロールバーを表示しない controls=0

(このパラメータを追記するだけで、YouTube動画を埋め込むとき、シンプルでまるでYouTubeではないように、動画を埋め込んだだけのようになります)

6、キーボード操作を無効にする disablekb=1

7、進行バー・コントロールバーとも数秒間表示後、表示させないようにする autohide=1

8、アノテーションを表示させない iv_load_policy=3

9、全画面表示ボタンを表示させない fs=0

10、コントロールバーの色を変更する(黒→シルバー) theme=light

11、進行バーの色を変更する(赤→白) color=white

12、指定した秒数から再生する start=秒単位(整数)

13、指定した秒数を経過後、再生を停止する end=秒単位(整数)

14、自動リピートにする loop=1

15、JavaScript APIを有効にする enablejsapi=1

16、プレーヤーのインターフェースの言語を設定 hl= ISO 639-1 2 文字言語コード

17、プレーヤーにYouTubeチャンネルを指定 listType=user_uploads(listパラメータと組み合わせて使用)

18、読み込むアップロード動画のYouTube ユーザー名を指定 list=ユーザー名(listTypeパラメータと組み合わせて使用)

19、どの動画プレーヤーを制御するか指定 playerapiid=(英数字の文字列)(JavaScript APIと組み合わせて使用)

20、再生再生する動画 ID をカンマで区切ったリスト。この順番で動画再生します。 playlist=再生リストID_A,再生リストID_B

21、iOS上のHTML5プレーヤーで、動画をインライン再生にする playsinline=1

22、プレーヤーを背面に表示する wmode=transparent

23、JavaScript API を有効にする enablejsapi=1

24、 IFrame API のセキュリティを強化 origin=ドメイン名( enablejsapi=1の時、常に自分のドメインをoriginパラメータ値として指定する必要があります)

25、ユーザーが字幕をオフにしていても字幕を表示させます cc_oad_policy=1

 

まとめ

いかがでしたか?

YouTube動画をHPに埋め込む時、埋め込む動画URLの後ろに、「?」+「パラメータ」を付け加えるだけで、シンプルでYouTubeっぽくない普通のビデオが埋め込んであるという見せ方ができます。

是非、ご自分のHPやブログに動画を埋め込む際は、動画パラメータをつけて、自分らしいHPやブログになるように、この方法を試してください。

The following two tabs change content below.
マーケティングコンサルタント、社長の右腕代行業。 YouTubeマーケティングコンサルタントアカデミー、Kindle超速しくみ集客などを主催し、自分自身の想いや人柄を発信していくことに、WEBマーケティングとオフラインマーケティングを駆使し集客する「人柄マーケティング」をコーチコンサル業などのコンサル型ビジネスをやっている方にお伝えし、育てるコンサルタント。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. YouTubeにスマホから動画をアップロードする方法
  2. marketing-426017_1280_1 ダイレクトレスポンスマーケティングとは?ダイレクトレスポンスマー…
  3. hand-1248053_1280_1 セールスレターのリサーチの3つのポイント
  4. お客様の声・篠原様
  5. お客様の声・坂東様
  6. business-1031754_1280_1 セールスレターのヘッドラインについて
  7. Business 072_改のコピー 動画シナリオ,自己紹介動画のシナリオの作り方のコツ
  8. Business 015 売上を2倍に上げる簡単な考え方ー売上の公式

最近の記事

  1. mic
  2. mic
  3. mic
  4. mic
  5. mic
PAGE TOP