マーク・ザッカーバーグの投稿の翻訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Internet 018

Facebookの表示が変じゃないですか?
スマホはまだ良いのですが、パソコンから自分のタイムラインを見ると、崩れまくっています。
Facebookはたまにこういうときがあるのですが、こういうときは大抵、アップデートが行われます。
ただ、結構長くこの状態が続いているので、今回は大幅なアップデートがあるかもしれません。

と思っていたら、本日、マーク・ザッカーバーグがある声明を出しました。

 

声明と言うと大げさなのかもしれませんが、Facebookに長文を投稿したのです。

 

その内容はこれ!

 

で、うちの社員になんとなく翻訳をしてもらいました。

 

その内容は、こちら。

 

2018年に私たちが大きく重点を置くことは、Facebook上で過ごす時間を、費やす価値のある時間にすることです。

私たちはFacebookを人々が繋がり合い、関係する人達とより親密になれるよう構築しています。ですので、いつも友人や家族を体験の中心となるようにしています。リサーチによると、私たちの人間関係を強固にすることは健康な生活と幸せを向上させるとのことです。

しかし、最近は私たちのコミュニティから、ビジネスやブランド、メディアからなどの公開(公共)の内容が人々をお互いに結びつける個人的な瞬間を追い出しているとフィードバックを受けています。

その状況を理解するのは簡単です。動画やその他の公開コンテンツは過去2、3年の間Facebookで爆発的に増えました。友人や家族の投稿より公開コンテンツの方が多いため、ニュースフィードのバランスは、Facebookができる最も重要なことから、お互いに繋がり合うことを助ける方へシフトしました。

私たちのサービスがただ使って楽しいというだけでなく、人々の幸福に良いものであるようにする責任を感じています。ですので、学術論文を参考に注意深くトレンドを調査し、大学の優れた専門家達と私たち独自のリサーチをしています。

そのリサーチでは、私たちが気にかけている人々と繋がるためにソーシャルメディアを使う時には、SNSは幸せに役に立つと示しています。より繋がりを感じ、寂しさが軽減され、幸せや健康という長期的な尺度で相互に関係を持とうとします。一方で、受動的に記事を読んだり、動画を見たりするのは、それがたとえ面白く為になることであっても同じようには感じないでしょう。

これを元に、私たちはどのようにFacebookを構築するかについて、大きな変更をしてきました。私はプロダクトチームに与える目的を、あなたに関連するコンテンツを見つける手助けをすることから、より意味のある社会的な交流を手助けすることへ変更をしました。

この方向転換は昨年から始まりましたが、新しい重点が私たちの全ての製品に行き渡るには数ヶ月かかることでしょう。最初にあなたが見るであろう最初の変化はニュースフィードです。友人、家族、グループの投稿をより見られるようになると思います。

これが本格展開するにつれて、ビジネス、ブランド、メディアからの公開コンテンツを見る機会が少なくなるでしょう。そして、より多く見る公開コンテンツはニュースフィードと同じ基準が適用されます。公開コンテンツも人々の間の意味のある交流を促進すべきです。

例えば、テレビ番組やスポーツチームの周りには結束の固いコミュニティがたくさんあります。通常の動画よりライブ動画で交流する人々を見て来ました。いくつかのニュースは重要な事柄について会話をスタートさせるのを手助けしています。しかし、今日ではあまりにも頻繁に、動画を見ること、ニュースを読むことまたはページをアップデートすることはただの受け身の体験となっています。

そこで、私は明らかにしたいのです:これらの変更によって、人々がFacebookに費やす時間や従事する手段は減るだろうと思います。でも、Facebookでの時間はより価値のあるものになると思います。もし私たちが正しいことを行えば、長期的にも私たちのコミュニティやビジネスには良いであろうと信じています。

ベストなのは、Facebookがいつも個人的な繋がりであることです。人々がお互いにより親しくなれることに重点をおくことで、それが家族や友人との時間、世界中の大切な瞬間で、Facebookが有効に使われる時間となることを確実に手助けしていきたいのです。

これ、結構大事な内容です。

多分ですね・・・以前アップデートした、投稿を読んでいる時間なども考慮するというのが、今まで以上に重要視されそうなイメージです。

あとは、顔写真があるないとか。

 

また、公開投稿、友達投稿、リンク投稿等での重みも変わっていくイメージです。

 

Facebookの使い方が今まで以上に、内容重視になっていくことは確実ですので、ただのいいね増やしではない、自分の想いを発信することであったり、しっかりとした内容にしていく必要があるかなと思います。

 

僕自身、人柄マーケティングでは、いいねを増やすというよりも、自分の想いを発信することで、共感してくれるお客様だけとビジネスをしようとお話しています。

 

戦略的にどうとかも、たしかに大事ですが、それ以上に大事な人(お客様や見込み顧客など)に向けて自分の想いを発信し伝えていくこと。

モノではなくヒトに価値があるという時代に今まで以上にどんどん移行していくと思っています。

その一つが、Facebookのマーク・ザッカーバーグの今回の方針発表。

 

特にこの一文、

これらの変更によって、人々がFacebookに費やす時間や従事する手段は減るだろうと思います。でも、Facebookでの時間はより価値のあるものになると思います。もし私たちが正しいことを行えば、長期的にも私たちのコミュニティやビジネスには良いであろうと信じています。

が、現しているのではないかなと感じます。

Facebookに使う時間は減るかもしれないが、それ以上にFacebookを使っている時間を濃くする、より価値のあるものにしていくという決意が感じられました。

ぜひあなたも今後の投稿では意識していただければと思います。

 

The following two tabs change content below.
マーケティングコンサルタント、社長の右腕代行業。 YouTubeマーケティングコンサルタントアカデミー、Kindle超速しくみ集客などを主催し、自分自身の想いや人柄を発信していくことに、WEBマーケティングとオフラインマーケティングを駆使し集客する「人柄マーケティング」をコーチコンサル業などのコンサル型ビジネスをやっている方にお伝えし、育てるコンサルタント。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. hand-1248053_1280_1 セールスレターのリサーチの3つのポイント
  2. mic 【第5回】ステップメールを一気に公開した場合、効果は落ちるのか?…
  3. mic 【第12回】Kindleを使っての集客とは?「鈴木ケンジのマーケ…
  4. mic 【第7回】ペルソナ(理想のお客様)を決めるコツ!「鈴木ケンジのマ…
  5. Internet 018 Facebookの危険性,注意点 ガラス張りのメディア
  6. mic 【第8回】メルマガライティング7つのポイント「鈴木ケンジのマーケ…
  7. mic 【第13回】ポジショニングって何?「鈴木ケンジのマーケティングの…
  8. marketing-426017_1280_1 ダイレクトレスポンスマーケティングとは?ダイレクトレスポンスマー…

最近の記事

  1. mic
  2. mic
  3. mic
  4. mic
  5. mic
PAGE TOP